×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ジョジョ名セリフ集

1部  2部  3部@  3部A  4部  5部@  5部A  6部  その他  SBR

ページ                  キャラ               備考 
バオー来訪者@ 5頁 ナレーション
そいつに触れることは、死を意味する!
これが! バオーだッ!


バオー来訪者@ 17頁 ナレーション
黒い列車は、その組織の専用運搬列車だった!
時刻表にはのっておらず、国鉄を自由に走れる特権を持っていた!
組織の起源は、旧日本軍の化学細菌戦部隊に由来する!
その研究はひきつがれた!
そしてベトナム戦争の時、アメリカ軍によって
特殊兵器開発のための秘密研究機関が作られた。
それがこの組織だ!
運搬物は、爆発物! 薬品類! 化学兵器類!
実験用動物! 食料! 生活物資!

極秘!
その研究内容は、軍事目的のため、絶対に外にもれてはならないッ!


バオー来訪者@ 37頁 スミレ
ふーん、17さい……高校生? あたしは9さいよ。
もうすぐ10だから、たった7つしかはなれてないわよね。
……たいしてはなれてないわ。


バオー来訪者@ 67頁 ドレス機関員
あのですねェ、写真もろくすっぽごらんにならないで、
知らないとは、どういうことですかねェ。
いいですか……ガラスに顔をくっつけてて見にくいようでしょうけど、
もう一度よーく見てください。


バオー来訪者@ 67頁 オウム
アリガトゴザイマ――――ス!


バオー来訪者@ 80頁 霞の目
「バオー」は、自分の身に攻撃を加えられた時!
最大の破壊力を発言させるのだッ!


バオー来訪者@ 102頁 ナレーション
動物は危険がせまったり、ケガなどをすると、副腎髄質という内臓器から、
アドレナリンという物質を分泌し、体を緊張させるッ!
このアドレナリン量を脳に寄生する「バオー」が感知し……
『寄生虫バオー』は、宿主である橋沢育郎を生命の危険から守るべく、
無敵の肉体に変身させるのだッ!
これがッ! 『バオー武装現象(アームド・フェノメノン)』だッ!


バオー来訪者@ 107頁 ナレーション
「寄生虫バオー」の分泌液は、血管をつたって、細胞組織を変化させ…
皮膚を特殊なプロテクターに変える!
筋肉・骨格・腱に強力なパワーをあたえるッ!

これがッ! これがッ!
これが『バオー』だッ。
そいつにふれることは、死を意味するッ! アームド・フェノメノンッ!


バオー来訪者@ 111頁 ナレーション
「バオー」は、男たちの発する殺意のにおいを触覚で感じ……
そのにおいが大嫌いだった。

「バオー」は思った。
「こいつらのにおいを消してやるッ!」


バオー来訪者@ 112頁 ナレーション
手首の皮膚が鋭く硬質化した。
これが! バオー・リスキニハーデン・セイバー・フェノメノン
(BAOH. RESKINIHARDEN. SABER. PHENOMENON)だッ!


バオー来訪者@ 116頁 ナレーション
「バオー」が驚くべき跳躍を見せた時、男は自分の愚かさに気がついた。

『なぜおれは人質なんかとったのだろう? こいつに人質なんてお笑いだ…
 「バオー」は人間ではないのだから……。』


バオー来訪者@ 132頁 ドレス機関員
マーチン!
アフリカに住む凶暴な猿マンドリルを、霞の目博士が種の改良をおこない、
わたしが戦闘用に訓練したのだッ!
強じんな四肢と高度な知能に加え! 残忍な性格を身につけているッ!
マーチンを訓練中、ちょいとこいつに、じゃれつかれ、
さわられただけで、わたしの顔面はメチャメチャさ!
しかし、カワイイやつよ…。


バオー来訪者@ 142頁 ナレーション
「バオー」が泣けるとしたなら、彼は今、まちがいなく泣いていた!
彼の触覚は今、新たな「におい」を感じとったのだッ!
防衛のための闘いもできずに、生きることを止められた
生き物の「悲しみのにおい」を!


バオー来訪者A 35頁 ドルド中佐
おっと! 首からオイルがもれてきた…


バオー来訪者A 45頁 育郎
考えてみれば、いつまでも逃げきれるはずもなかったんだ。
それに、ぼくの体には、なにか得体の知れない
大きな力が宿っているらしい…ならば。

この力で…闘おう……「ドレス」と……
せめてスミレだけは自由にしてやろう。


バオー来訪者A 51頁 育郎
ぼくの体に宿る得体の知れない「力」。
化け物の「力」。邪悪な「力」。
今まではそうだった……
しかし、この「力」を逆手にとろうッ!
せめて、スミレを自由にしてやるためにッ!
ああ……!
この「力」を自分の意志でコントロールできるなら………!


バオー来訪者A 62頁 育郎
アドレナリンの大量分泌ッ! しかしッ!
育郎自身が攻撃されているわけではないッ!
「バオー」には変身できないッ!

やれるかもしれないッ! やらなければならないッ!
さあ! ぼくの中の「力」よ! 危険がせまっているぞッ!
助けようとしないのかッ!
化物の「力」を出現してみろッ! 出してみろッ!
おまえは人を殺すだけかッ! 現れろッ! 出てこいッ!
出てみろッ! 怪物めッ!


バオー来訪者A 74頁 ドルド中佐
エキスプロッシブ弾薬!
弾丸の先端に爆薬が仕込んである炸裂弾だ。
この弾丸の前では、おまえの頭は血のつまった風せん(バルーン)だ!
爆裂するッ!


バオー来訪者A 82頁 育郎
『ドレス』! 宣戦布告だ! いくぞ! おまえたちの所にッ!
ぼくは、おまえらにとって、脅威の来訪者となるだろう!


バオー来訪者A 84頁 ウォーケン
熱いコーヒーはないのか!


バオー来訪者A 91頁 霞の目
ウォーケンは物質の分子を振動させることができる超能力者なのだ!
機械だろうがッ! 石ころだろうがッ!
物質は全て塵に帰る……バオーよ、おまえもだ……。


バオー来訪者A 95頁 霞の目
「バオー」は、この少女の「におい」をかぐ!
サメが数キロ先から、血をかぎつけるように!


バオー来訪者A 101頁 育郎
電気! ぼくの体から電気が発せられている。
バオー・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノン!


バオー来訪者A 107頁 ナレーション
普通の人間でも、筋肉や神経は、すごく弱いが電気をつくっている。
もし! その筋肉細胞を乾電池をつなぐように、
ひとつ、ひとつ直列状につなぎあわせたとしたら、
ごく弱い電気は、何十万倍、何百万倍の細胞の数の電力となるはずだ!
電気ウナギがそうやって発電するように、
バオーの筋肉もそれができるのだ!
ましてや、「バオー」の筋肉細胞は、
ひとつひとつものすごいパワーをもっている。
高圧電流60000ボルトだ!!
これがッ、ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノンだ!


バオー来訪者A 123頁 ウォーケン
ようこそ来訪者。


バオー来訪者A 128頁 霞の目
ウォーケンは、アメリカ・インディアンの、
今は滅びた一族、スクークム族の最後の生き残り。
あれは、戦士の決闘の化粧!
あの血模様には、闘う相手への「尊敬」と「礼儀」……
そして「死」の意味がこめられているという…
ウォーケンは、バオーを真の戦士とみとめたのか…!!


バオー来訪者A 128頁 ウォーケン
殺らいでかッ! 「バオー」!


バオー来訪者A 136頁 ウォーケン
少年よ、ある種の事がらは、死ぬことより恐ろしい。
おまえの「肉体」や、わたしの「能力」がそれだ……
わたしも、おまえも、同じだ……『化物』だ!
この手で直接闇の彼方へ沈めてやろう。
苦しみはもう…ない。


バオー来訪者A 157頁 ナレーション
「バオー」は感じていた! スミレのかすかな生命のにおいを。
今なら「バオー」の血で傷を治せる!
しかし、爆破時刻がせまる今、生き返らせて何になろう!
死の恐怖を再び味わうだけだ!

育郎は考えた。
『誰に誓った。この少女を助けると、自分に誓った!
 望みは捨てない! 自分は最強の生命力を持った生物なのだ!』


バオー来訪者A 176頁 霞の目
わたしの生み出した「バオー」よ。
もう間に合わん……爆発はここまで来る……
ふふふふ……わしとおまえが死ねば…ドレスの研究もおわりだ…
この神秘的な洞窟こそ、わしらの墓場にふさわしかろう!!
さらば「バオー」! さらば少年よ!


バオー来訪者A 179頁 スミレ
育郎は生きている。眠っているだけ……ゆったりと…
それは映像(ビジョン)を見たから…
地下洞窟の湖底に、静かに眠っている少年の映像を。

目覚めるわ! きっと……水の中から目覚めるわ…
それは、わたしが17歳になった時。
そして再び会える―――
それがわたしの映像。 わたしの予知。


バオー来訪者A 181頁 ナレーション
少女の輝きのある、愛くるしい微笑みを見て老婆は……
「将来この子、きっと幸せになるわ……」
……と思った。


魔少年ビーティー 6頁 公一
できすぎだ…と言って、お笑いになられるかもしれないが……
ぼくが初めてその少年に会ったのは、
13日の金曜日、13時13分であった。


魔少年ビーティー 10頁 公一
社会的ダイナマイト、一触即発的、良心罪悪感ゼロ的、
猛毒セリフ的、悪魔的、計画頭脳的、今世紀最大的、
犯罪少年の、身も心も凍りつくエピソードです。


魔少年ビーティー 16頁 ビーティー
…おまえらに、ひとつだけはっきり言っておく!
いいか! おまえらとぼくは精神的に身分がちがうのだ!
ぼくは精神的貴族に位置する!
したがって、ぼくへの命令はゆるさんッ!
おまえらのようなブタに、命令はされないし、かかわりも持たないッ!


魔少年ビーティー 20頁 ビーティー
くらわしてやらねばならん! 然るべき報いを!


魔少年ビーティー 35頁 ビーティー
……といっただけさ……といっただけさ……といっただけさ……


魔少年ビーティー 38頁 公一
ときどき考えるんですけど……
お金ありますよね……大昔は貝がらとか、石ころだったそうですが。
あれ…最初に考えたの誰なんでしょうか?

……ぼく思うんです……
最初にペテン師がいて、「これ値うちがあるんだぜ」って……
ペテン師が貝がらを使い始めた……
ペテン師はけっして絶滅しませんね。


魔少年ビーティー 86頁 おじさんX
なあーーに、ほんのつまらん賭けでRよ。


魔少年ビーティー 130頁 西古
熊はな……土をガムみたいにかんで丸めて、
冬眠するとき、虫が入ってこないように、
その土ガムを尻の穴につめるんだぜ。


魔少年ビーティー  公一
ビーティーとは、「B・T」であり、かれのイニシャルです。
とても本名はお教えできません。


魔少年ビーティー  警部
なに? 砂糖をきらしてる?
さがしてこい、それでも刑事か?


魔少年ビーティー  ナレーション
ビーティーが耳ををなでるときは――それは、ビーティーのクセだ!
きがねとか、良心とかいったものがまるでない考えをしているときなのだ!


ゴージャス☆アイリン ナレーション
彼女は嘘をつく。 自分の体で――
頭で考えだした――
背景の嘘なんかよりは巧みに(ジャン・コクトー)


ゴージャス☆アイリン 老人
アイリンお嬢様に報酬はいりませんのじゃ。
家族のいないお嬢様は、永遠の友情のみにもとづいて行動されるのです。
もし、いつか今度は、お嬢様が困った時、
あなたは彼女を助けてくれますか?


ゴージャス☆アイリン 主人公
彼女はなりきるんだ……
暗示にかかりやすい性格。 ガラス細工のように繊細な神経。
彼女は『化粧』をすると……『性格』が変わる……
メイクによって、『別人の性格』がもてる『少女』なのだ。

『変装』では……ない…ぞ。 彼女はなりきってしまうのだ!
恐怖がいち夜にして人を老人にするように。
彼女の精神は、自分の肉体をも微妙に変えるぞ!


ゴージャス☆アイリン 主人公
戦いのメイクは、彼女に完璧のプロポーションと、
残忍な殺し屋の性格を与えるぞッ!


ゴージャス☆アイリン アイリン
化粧とは、古代より儀式への装いであると同時に、
疫病や毒虫からの防御でもありました。
わたしの殺しの化粧も同様!

あたしは一方で、自分の心を隠すため化粧をするの。
家族や仲間が死んだ悲しみを隠すため……
血にひそむ殺し屋の性質を隠すため…
そしてすべてを信じる。 心の底からッ。
そして、一方で化粧は、殺し屋の性質と、肉体をひき出す。


ゴージャス☆アイリン アイリン
わたしは心の魔術師。
あなたの精神は岩になりました。 精神が岩になれば、肉体も岩になります。
これが『死の舞踏』!
香水のかおり、周囲の空気を動き、光! 一定のリズム! 音!
目の動き、手の動き、足の動き、
ひとつひとつ決まった順序を組み合わせた動作!
わたしは戦いを通じ、あなたの心へ暗示信号を送っていました。
『死の舞踏』。 相手の心をあやつるダンス!
あなたの精神は、もはやわたしの奴隷ですわ。


ゴージャス☆アイリン アイリン
わたし……残酷ですわよ。


バージニアによろしく マット船長
通信……? フン! どうせバカ話しだろ!
なあ、はやく切ってくれっ。 おれがリンゴの皮むく
サクサクって音、きらいなの知ってるだろ?


武装ポーカー 保安官
これからわたしが話すふたりのガンマンの話しは……
わたしがこの目で実際に見た話です。
この話には、だれでも知ってるポーカーというトランプゲームが出てきます。
ポーカーのおもしろいところは、かけ金を自分の札と相手の顔色を見ながら
たがいに、どんどんつりあげていくところにあります……
それははったりをかまして、相手をゲームからおろさせたり……
ときにはかけ金をとんでもない額までつりあげたりします。
それではお話ししましょう。 「武装ポーカー」です……


武装ポーカー ペキンパー
だがね! おれは、もっとすばやいし、かしこいんだ!


武装ポーカー ペキンパー&マイク
おたく、この町についたばかりと言ったが、どこからきたんだい?

「わすれました。」

わすれたか…わすれるということは、スバらしいことだ。
どこからきたか、おぼえてるってことは、
昨晩、なにをくったかおぼえていることと、同じくらいくだらないことだな…

「昨晩はビーフシチューをたべました。」

へへ! へへ!ハハハ…
おたく、けっこうユーモアのセンスあるじゃないか。


死刑執行中脱獄進行中 囚人27号
オレは…人をだますかもしれないが、だまされるのは大嫌いだ。
オレを「処刑」しようとしているヤツらめ…
もー、てめーらのたりねえオツムにひっかかるもんかよ。
この穴にオレが大喜びで首をつっこんで、外に出ようとしたとたん。

ギロチンの刃がストーン!

そんなこったろう! だまされねーぜ、ボケナスどもめ…
でも、冬が終わって、ポカポカ陽気で畑に菜の花が咲き乱れて、
蝶なんかが飛んでるのを「穴」から見られる日には、
おもいきって外に出てみようかな? どうしようかな?
なあーーんて思うときもある。

処刑されはじめてから50年…
オレはずっと穴から外を見ている。
いつか脱獄してやる…ざまあみろ、ボケなすどもめ。


岸辺露伴は動かない 岸部露伴
ま……知ってるヤツが多かろーが、少なかろうが、どうでもいいことだが、
ぼくの名は、岸辺露伴。マンガ家だ。

以前、ぼくは「ピンクダークの少年」という作品を、
少年ジャンプに連載していたことがあり……
あの傑作を読んでいないからって、編集部に電話するのはやめてくれ。
ま…ある事故による、ちょっとした負傷のため、
執筆をひと夏ほど中断したことがあったんだ。
その中断期間中、ストーリー新展開の取材のため、
ぼくはイタリア旅行に行き、ヴェネツィアに8日間ほど滞在したことがあった。

これからここに紹介するエピソードは、
その時にこの岸部露伴が偶然取材した不思議な話しであり、
『実際に、この耳で聞いた』恐怖の出来事なのだ。


岸部露伴は動かない 浮浪者
オレは今ッ! 暗い海よりも深い「絶望」の中にいる! おまえに与えられてな!
え? オレは忘れねえッ! てめーの顔は決してッ!
この報いはッ! 償わせてやるッ! 必ずッ!
オレは戻って来るッ! おまえが「幸せの絶頂の時」。必ずッ!
おまえを迎えに戻ってくるぜッ! いいなッ!


岸部露伴は動かない 岸部露伴
これがわたしがイタリア取材中に体験した恐怖のエピソードの全てです。
このあと彼がどうなったのか…この岸辺露伴はまだ知らない…
来年か、さ来年…また彼に会いに取材に来てみるのもいいかもしれない。

怨霊に取り憑かれてもあきらめず、孤独に人生を前向きに生きる男…
彼は悪人だと思うが、そこのところは尊敬できる…
そう思うのは、ぼくだけかもしれないが…


デッドマンズQ 吉良吉影
わたしはときどき自分の生活について考える。
死んで「魂」だけになる前は、自分の「価値観の中心」は数字だった。
稼ぐ金額は他人より多い数字、成績の順位は他人よりも少ない数字。
新幹線は一分でも速くだし、年齢は一歳でも若くだ。
髪の毛は一本でも多く、体脂肪率は20%以下。

じゃあ、今はなにに価値を見い出せば心が落ち着くのだ?
速い電車なんか乗りたかないし、養毛剤もいらねー。


デッドマンズQ 吉良吉影
わたしはときどき考える…。
いや―
いつもかもな……どこかにヒントはないものかと考える。

『母親が子供を生む』……
その場合だ……
赤んぼうの魂ってのは、どこからやって来るのだろうか?
母親の魂が細胞のように分裂して、成長して来たのがあのガキの魂なのか?
……それとも。

―やはり―
みんなの言うように、『あの世』ってのがどこかにあって、
そこから母親のところにやって来たのが、あのガキなのか?
それはこの『宇宙の法則』なのか?
それが確実にわかれば、わたしのこれからの『生活』にも、
キチッっとした目的が立てられるだろうに…


デッドマンズQ 吉良吉影
おおっ! 竹久夢二か? これ! マジィ!?
本物か!? いや、絵の幽霊だけど。

「ダンテの新曲」 「ああ無情」 宮沢賢治に江戸川乱歩。
やった、こりゃまったくスゴイぞ。
作品は古いが、これなら電車の中でも、公園のベンチでもどこでも読める!
こりゃ、もらって帰らねー手はない。
食器や道具類もある。 このナイフは使えるぞ! どもでも持ち歩ける。
夢のような家だ…。宝の山だなここはッ!


デッドマンズQ 吉良吉影
ちょ……直感だが…わかりかけてきた。
この「生まれたもの」は『掃除屋』だ……
『掃除屋』はどんな世界にでもいる……どこででも必要なものだ……

「魂の掃除屋」…
この世が死人の魂であふれかえらないように、清掃する役目…
それがこいつらだ!

「掃除」されたものはどうなる?……
「あの世」へ行ける? そんなものがあるのか?
こいつらはどこから来たんだ?


デッドマンズQ 吉良吉影
わたしの名前は「吉良吉影」。
いつ…なぜ、わたしが死んだのかは、どうしても思い出せない。
ひとつだけ言えることは、自分は決して天国へは
行けないだろうという実感があるだけだ。
これからどうするのか? それもわからない……

ただ…永遠に時が続くというのなら……
「仕事」を「生きがい」にしておけば、「幸福」になれるかもしれない……


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
ナレーション
1906年4月18日の早朝。
アメリカ西海岸を襲った大地震は、マグニチュード7.8。
サンフランシスコの街並を壊滅状態にした…

そして記録によると、サラ・ウィンチェスター夫人は、
崩れた自分の寝室に数時間も閉じ込められてしまった。
5〜7階部分の天井がぬけ落ち、壁が内側に倒れ込み、
柱や家具が逃げ道をふさいだ。
なによりも彼女の家は、迷路のような間取りの巨大な館だったため、
助けを呼ぶ声が、救助の者に聞こえなかったのである。


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
ナレーション
この建設中の館の主人の名前は『サラ・P・ウィンチェスター』
だが、この館は新築中の邸宅ではない。
すでに22年も前から作り続けられている館だ。
昼も夜も決して「釘の音」をとぎれさせる事のない増築され続ける城館。

主人のサラ・P・ウィンチェスター夫人は、
一族から莫大な遺産を相続した富豪の未亡人。
しかも彼女が他人にまかせた会社からは、
未だに一日あたり1000ドル以上(現在の金額で約300万円)の収入がある。

彼女は自分たったひとりが住むだけのためにこの館を立て続け、
その財産を使い続けた。


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
占い師
自ら命を絶つ者は、『愛する魂』の存在を否定する者。
あの世で愛する者の魂と再会する事は、絶対にない。


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
占い師
もし、あなたが経済的にゆとりがある方なら、
西の果ての地に『美しい家』を建てなさい。
そして、決して完成させる事なく、昼も夜も作り続けなさい。


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
占い師
人は死ぬと霊体というものになる。
だが、その霊体には、清く良い霊もいるが、
恨みをいだいてドス黒くなった悪い霊体もいる。
ヤツらは、あなたを自殺に追い込もうとしている。
ヤツらはあんたを『愛する家族』に会わせないためにね!

ヤツらは『入り口』から入ってくるッ! それは防げない!
ヤツらが来ても迷うような、家を建設するのです!
あなたは良い精霊も悪霊も受け入れはするが、決して見つかってはならない!
見つかったら、やられてしまう!

それと、これからあなたは、その素顔をもう誰にも見せてはなりません。
生きてる人間だろうと、死んだ者だろうと、
『顔』を覚えさせてはならないッ!


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
ナレーション
1861年。奴隷の開放を主張するE・リンカーンが大統領になると、
農産業のため、奴隷の必要性に固執する南部諸州は合衆国より離脱!
『南北戦争』が始まった。

この戦争で「北部」を勝利に導いたのが、
開発された兵器『ウィンチェスターライフル銃の原型』

従来のライフル銃は、一発ずつ弾丸をこめて撃つという方式をとっていたのだが、
タイラー・ヘンリーという男が、ハンドリング・アクションという、
連発可能な方式を発明。
それをウィリアムの父、オリバー・F・ウィンチェスターが故障のリスクなしの
13連発の名銃にして、巨満を築いていった。

そして、それはつまり、多くの死傷者を出した兵器という事実でもある!
西部の開拓者や、国の平和も守ったが、
また多くの人種や家族たちを悲しみにおとし入れた銃!
サラは霊媒師の忠告を信じ込んだ。


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
ナレーション
最初8部屋から始まったサラ・ウィンチェスターの館は、
迷路のように作り続けられ、最終的には、160の部屋数。
2000枚のドア。10000以上の窓。47の違うデザインの暖炉。
40の階段。40の寝室。6つの金庫室。
しかし、この広さで存在する鏡は、たったの2枚。

しかも、彼女は霊的に「13」という数にとてもこだわり、
階段の段数は13ステップ。 全13の浴室で、そこの窓の数13。
一部の天井のパネルの数13。キッチンの排水口の数13。

煙の出ない煙突。火をつけると、煙が部屋の中に戻ってくる暖炉。
登っていくと、天井につきあたる階段。
床に立てるドア。開けると壁という窓は数百枚以上。
段数13の階段を途中7回曲がって、登らされると、
最後の一段は高さが3メートル。
やっと部屋があったと思って開けると、そこは3階の外! というドア。
どこへもたどりつけない廊下。 隠し通路。隠し部屋。家具の奥が次の部屋。
真夜中の1時と2時にだけ鳴る巨大鐘楼。
しかも、天文台が並設され、星を観測して時間を知る仕組み。

この館に過去泥棒が入った事は一度もなく、
現在もで、地図を携帯したツアーガイドなしでは、
ここに入る者は、一生出て来れなくなる。


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
ナレーション
…サラ・ウィンチェスターの館は、7階建てだったが、
この地震のあと、4階より高く拡張されることはなかった…
そしてある人はこういう……
『サラ・ウィンチェスターは、霊媒師にだまされ、
 無駄な事に大金と時間をつぎ込んだ』…と。
もっと違う事に金を使えば、
彼女はより幸福な人生を歩めたのかもしれない…と。

だが、幸福とはなんなのだろうか……?
…たとえば、サラは決して一度も開催される事のなかった、
美しいダンスホールをなぜ作ったのか…?
もしかすると彼女は……いつの日か……娘と夫の魂と再会して…
このホールで家族でダンスをする事を、
心の中に想い描いていたのかもしれない……


ウィンチェスター・
ミステリー・ハウス
ナレーション
この館は、永遠のモニュメントである!

この館は39年間、昼も夜も増築され続けた。
そして、サラ・P・ウィンチェスターは、関節炎をわずらったものの、
長生きをし、82歳でこの世を去った。
1922年。釘を打つ音は、この時ようやく天界の音楽となった。



1部  2部  3部@  3部A  4部  5部@  5部A  6部  その他  SBR
 

Back