×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ジョジョの奇妙なプリキュア
【黄金の精神】 




ピーサードは2○歳の時、教師になった。
学校は私立の女子中で、以後、ピーサードは教鞭を振るうこととなった。





  

しかし、生徒は教師の見ていないところで、よく授業をサボったりした。
そして、上司からのうっぷんを晴らされるなど、
このままでは、ピーサードが心の捻じ曲がった人間になっていく事は、
誰が見ても時間の問題だった。

しかし、ある事件がきっかけで、ピーサードは救われる事になる。







いつものように、ピーサードが学校の帰り道を歩いていると、
星型の生き物が必死に逃げていた。
生物なのかわからなかったけれども、何かに追われてるみたいだった。







すると、そこに少女たちがわめきながら走ってくる……
どんどん、こっちへ向かってくる。
ピーサードに質問してきた。

「あっちへ行ったよ。」
ピーサードはウソをついた。






恐怖はなかった。ただ、追われている生物に対し、
「自分と同じように、ひとりぼっちでさびしそうだな。」
と思っただけだった。






2ヶ月くらいしたころ……

「生物」がピーサードの前にあらわれた。
「生物」は生きており、そしてピーサードがかばってくれた事を覚えていたのだ…
―そして、こう言った。

『君がしてくれた事は、決して忘れない』

なぜ追われていたのか、それは言わなかったが。




  

ほどなくして、生徒が真面目に授業を受けるようになった。
同僚の女教師も優しくしてくれる。
生物は『ザケンナー』だった。






『ザケンナー』は遠くから、
ただ静かにピーサードを見守ってくれているだけだったが。
他人の顔色ばかりうかがっている青年に対し、
敬意を示してくれるつき合いをしてくれた。

両親から学ぶはずの「人を信じる」という、
あたり前の事を、ピーサードは無言の他人を通じて知ったのだ。






奇妙な事だが……
光の園を襲い、プリズムストーンを奪う「ザケンナー」が、
ピーサードの心をまっすぐにしてくれたのだ。






もう、イジけた目つきはしていない…
彼の心には、さわやかな風が吹いた……。






ザケンナーは決してピーサードを
『闇の世界に巻き込まない』という厳しい態度をとっていたが…
生徒が授業中に居眠りをし、土足で廊下を走り回る、ピーサードの職場環境では、
ピーサードの気持ちを止める事はできない…。
彼の中に、生きるための目的が見えたのだ…






こうして「ピーサード」は、一流の教師にあこがれるよりも……
『ドツクゾーン』に、あこがれるようになったのだ!


>>次

Back